肥後・熊本(熊本市)を起点として北上し、植木・山鹿から南関を経て豊前・小倉(北九州市)に至る道を熊本では「豊前街道」と呼んでいます。

近世になってこれらの道は参勤交代道として栄え、大名行列の宿場町として栄えるなどその土地固有の産業や文化が育ってきました。昔から湯のまちであった山鹿は宿場町、文化の中心として栄え、重厚な貫禄が町並みに残っています。

豊前街道には、八千代座をはじめ山鹿灯籠民芸館、寺社、薬師堂や、昔の商家を利用した飲食店や土産物屋が並び、あし湯もあり、休憩をしながら一帯をゆっくりと散策できます。

また、天璋院篤姫様が嘉永6年(1853)の8月に8月21日に鹿児島を出立し、29日には鹿央町の善行寺で休憩をした後、山鹿の御茶屋(江戸時代、領内の主な街道筋に設けられ、藩主が参勤交代などの時に宿泊したり休憩したりする施設)に宿泊し、30日の早朝に山鹿を出発したと言われています。 善行寺はこちら≫

明治2年まで山鹿温泉には、御茶屋の中に藩公入浴の「御前の湯」、士分の身分用の「御次の湯」、また外には一般民の入る「平湯」がありましたが、明治3年の改築で、竜の湯(御前の湯)・御次の湯を引いて、新たに松の湯、紅葉湯、桜湯を造り、町民のための温泉となりました。竜の湯は平時廃湯され、貴賓来臨時に開湯することにされました。こんこんと湧き出るお湯は当時と変わりませんが、建物については、現在、温泉プラザビル1階にある「さくら湯」の玄関がその面影をとどめいています。また、「御前の湯」の天井に描かれていた狩野洞容作「竜の絵」は、現在、山鹿灯籠民芸館に展示されています。 さくら湯はこちら≫

山鹿市・豊前街道が「美しいまちなみ大賞」を受賞しました!

八千代座や、白壁の伝統的建造物が残る豊前街道周辺が平成19年度『美しいまちなみ大賞(国土交通大臣賞)』を受賞しました。これは、(財)都市づくりパブリックデザインセンターが選定する、都市景観大賞の最高賞で、今年は全国から16ヶ所の応募のあった中から選ばれ、同賞は熊本県内では初の受賞です。

受賞した豊前街道周辺は下町の惣門~西上町までの約1.3km。

米米惣門ツアーや山鹿灯籠浪漫・百華百彩が行われていることもあり、近年は観光客も増加傾向にあります。

そんな豊前街道をみんなの力で保存し、そして活かしていく力が高い評価を受けての受賞となりました。

施設情報

所在地 〒861-0501 山鹿市山鹿
交通アクセス 菊水ICから約15分

所在地Map

こちらもおすすめ!

ピックアップ

やまが温泉郷
山鹿の絶景・撮影スポット
山鹿灯籠まつり『千人灯籠踊り』
豊前街道
てくてく山鹿
宿泊予約