日輪寺

つつじの時期は一帯が真っ赤に染まります。赤穂義士遺髪塔、松尾芭蕉の句碑などの史跡が守られ、桜の名所としても賑わいます。

日輪寺(にちりんじ)は、平安時代に天台宗の寺として開山され、鎌倉時代に曹洞宗に改められました。菊池武時、加藤清正、細川忠利ら歴代の領主より手厚く庇護された名刹です。昭和44年、日輪寺裏山でつつじ育苗園を造成中、古墳時代前期の竜王山古墳が発見され話題を呼びました。長い歴史を持つ寺であるため、境内には多くの史跡があります。菊池武時の息女了心素覚尼の五輪塔や在銘の梵鐘(1358年作)、石体観音三十三基、忠臣蔵で知られる赤穂義士のうち細川藩にお預けになった大石内蔵助良雄を始めとする十七士の遺髪を納めた遺髪塔があります。毎年2月4日の義士命日には「義士まつり」が開催されます。
また春には、標高142mの裏山に3月下旬から約200本の桜、4月中旬からは3万5千株のツツジが咲き誇り、一帯は赤や白、ピンク色に染まります(品種はクルメ、ヨドガワ、サツキ)。見ごろには多くの花見客・観光客で大変賑わいます。

とき処 南無 ときどころなーむ

日輪寺境内に精進料理を味わえるお食事処があります。

『とき処 南無』といい、住職自らが山で採った山菜や胡麻豆腐を使った本格的な精進料理がいただけます。
【所在地】山鹿市杉1607(日輪寺境内)
【営業時間】12時~21時  ※完全予約制
【定休日】不定
【お問い合わせ】とき処 南無  TEL.0968-44-4383

施設情報

所在地 〒861-0552 山鹿市杉1607
TEL 0968-43-5802
駐車場 あり
交通アクセス 九州自動車道菊水ICから県道16号線を山鹿方面へ約20分

所在地Map