この時期一押し。山鹿特産の絶品スイカをどうぞ。

山鹿市は、全国一のスイカ生産量を誇る熊本県の中でも有数の産地。

スイカと言えば夏のイメージを持たれている方も多いかもしれませんが、山鹿市のスイカは3月下旬から収穫が始まり、5月に最盛期を迎えます。種類も豊富で、食べ切りサイズの小玉スイカには「ひとりじめ」など、そして定番の大玉スイカは「だんらん」「祭ばやし」などがあります。

今、山鹿市の各物産館では、その時季の一番おいしいスイカがずらりと並んでいます。観光などでお立ち寄りの際は、ぜひチェックしていただき、瑞々しくて、サクサクした心地よい食感を味わってください。

また、「おいしかったのでまた食べたい!」「ちょっと遠いので行けない」という方は、山鹿市物産館連絡協議会(山鹿市の6つの物産館で組織)で運営しているネットショップ「食の王国"山鹿"うまかもん!ショップ」でも購入できます。

サイトには、商品の特徴や生産者の思いなどが詳しく紹介してありますので、安心してお買い求めいただけます。ぜひ、ご利用ください。

「食の王国“山鹿”うまかもん!ショップ」

 

「八千代座でのテレビ公開放送のお知らせ」

日 時:3月15日 (水) 午後4時53分~午後7時 (観覧者入場は午後4時から)

場 所:山鹿市八千代座

3月15日(水)、午後4時53分から八千代座において「テレビタミン」(KKTくまもと県民テレビミン制作)のテレビ公開放送が行われます。

当日は、山鹿灯籠踊り保存会の灯籠踊りの披露や観覧者が参加できる名物コーナーも開催されます。

当日は生放送の様子が観覧できますが、先着300名程度の入場制限となります。

テレビタ山鹿八千代座企画書

☆山鹿の新しい楽しみ方『山鹿あそび』がスタート☆

意外性と粋な情緒に溢れた「山鹿あそび」。テーマは「山鹿流」、そして「日本唯一」!!
市民参加の企画会議で生まれたドキドキ、ワクワクの体験プログラムがスタートします。

室町時代から伝わる和紙と糊だけで作られた、国指定の伝統的工芸品である山鹿灯籠の中でも代表的な「金灯籠」を頭に乗せて、様々なアクティビテイをしたり、ヘルメットをかぶり懐中電灯片手に夜の古墳をめぐったりと、他ではできない経験ができるはず。
さあ、ここだけの、今だけの「山鹿あそび」を体験しに行こう!
詳細は、添付のパンフレットor楽天トラベルHPでチェック→

「山鹿あそび」プログラム一覧
●灯籠温泉卓球

●チブサンオブサンナイトツアー

●不動岩ヨガロック
●灯籠モダンガールとコンシェルジュ

山鹿あそびパンフレット

薬師堂ライトアップ(2/17.18限定)

現在開催中の、「山鹿灯籠浪漫・百華百彩」において、2月17日(金)18日(土)の2日間限定で、さくら湯南側玄関前の「薬師堂」がライトアップされます。
様々な色の灯りに彩られる薬師堂をぜひご覧ください。

薬師堂ライトアップ

テレビ放送のお知らせです📺📢

1/18(水)・19日(木)11:30〜11:45
NHK総合 【はっけんTV】
で外国人目線での山鹿市が紹介されます。

・外国人が旅する米の町 熊本 山鹿市
・外国人が味わう伝統の技 熊本 山鹿市

というテーマで番組が放送されます。
(基本的には外国での放送を前提に取材されたものを特別に九州・沖縄向けにダイジェスト版で放送されます)

【1月18日(水)】11:30~11:45
「外国人が旅する米の町 熊本 山鹿市」

熊本県北部、白壁づくりの趣ある商家が立ち並ぶ山鹿市を、福岡在住の外国人が旅します。

古くから米の集散地として栄えた宿場町・山鹿。おにぎりの食べ比べや、日本酒の試飲、せんべいの手焼き体験などを通じて、歴史ある町の新たな魅力を”外国人の目線”ではっけんします!

【1月19日(木)】11:30~11:45

「外国人が味わう伝統の技 熊本 山鹿市」

今回は山鹿の「伝統文化」の魅力をご紹介します。

明治時代当時の姿をいまにとどめる「八千代座」での美しい山鹿灯籠踊りや、九州最大級の木造公衆浴場「さくら湯」、さらに、姫路城などの歴史建造物を、和紙だけで細部までリアルに再現する工芸品の驚きの技など、たっぷりご紹介します。

2日間、シリーズでご紹介します。
ぜひご覧ください
はっけんTV(NHK)