山鹿の夏夜に映える、灯りの芸術。

山鹿灯籠まつり

山鹿の町全体を幻想的な灯りで彩る、九州屈指の夏の風物詩「山鹿灯籠まつり」。
頭に金灯籠をのせた浴衣姿の女性たちが、ゆったりとした情緒漂う「よへほ節」の調べにのせて優雅に舞い踊る姿には、どこか懐かしく美しい日本の情景がシンクロします。
古の町並みと光が織り成す絶景を愛でる2日間。心ゆくまで酔いしれてみてください。

山鹿灯籠まつりの由来

和紙と糊だけで作られた山鹿の伝統工芸品、「山鹿灯籠」。

その起源は、第12代景行天皇が菊池川を溯られ、現在の山鹿大橋付近に着岸された際、一帯に立ち込めた深い霧に行く手を阻まれました。その折、山鹿の里人たちが松明を掲げ、道を示し、天皇ご巡幸を無事にお迎えしたことに由来します。

以来、里人たちは行在所跡(現在の大宮神社)に天皇を祀り、毎年灯火を献上するようになったのが始まりとされています。

室町時代になると紙製の金灯籠に姿を変え、その後、金灯籠を頭に掲げた女性が舞い踊る「山鹿灯籠踊り」が誕生し、祭りの代名詞ともいえる千人灯籠踊りが生まれました。

時を超え息づく、気高い和紙の芸術 山鹿灯籠

室町時代から伝わる山鹿灯籠は、木や釘を使わず、糊と地元の楮を使用した和紙だけで作製される伝統工芸品。有名な金灯籠をはじめ、神殿造り、座敷造り、城造りなど様々な様式があり、すべて手作業で精巧に表現されています。その作り方には一貫した鉄則があると言われています。

灯籠作りの鉄則とは

  • 木や金具は一切用いず、和紙と少量の糊だけで作られます。
  • 柱や障子の桟にいたるまで、各部位は空洞に仕上げています。驚くほど軽いのはそのためです。
  • 灯籠としての美しさや迫力を表現するために、建物などを単なる縮小ミニチュアではなく、縦横のスケールなどを独自の寸法で工夫して作られます。

灯籠師

山鹿灯籠を語る上で、「灯籠師」抜きには語れません。山鹿灯籠の制作技術は、この灯籠師によって長く受け継がれ、現代に伝わっています。

一人前の灯籠師になるには、10年以上の修練が必要と言われ、高等な技術と熟練を要する厳しい世界です。

現在、灯籠まつりに奉納される灯籠は約30基。4月の大宮神社の製作開始祭でお祓いを受けて身を清め、それから8月までの灯籠まつりまで息を抜くことができない日々が続きます。

かつて灯籠師は、町内のダンナ筋と言われる富商に制作依頼を受け、手間を惜しまず精巧さを競い、その家で門外不出、師弟継承の秘技として代々受け継がれてきました。このような、職人による繊細に構築された技の饗応により、昨今の見事な芸術に辿りつくことができています。

現在は“誇り”の二文字で固く結ばれた6名の灯籠師と灯籠師見習い3名の華麗なる競演によって、日々伝統が守られ続けています。今では女性灯籠師も登場するなど、その繊細な感覚を生かした確かな職人技と心意気で、灯籠づくりに新たな息を吹き込んでいます。

これらの美しい灯籠は山鹿灯籠民芸館、大宮神社・燈籠殿でご覧になることができます。

よへほ節

主は山鹿の骨なし灯籠 よへほよへほ 骨もなけれど肉もなし よへほよへほ

山鹿灯籠まつりで歌い踊られるのが「よへほ節」。

この唄は山鹿で明治より愛されてきた民謡。明治以降に生まれたことから、民謡というより俗謡系に入る三味線唄にくくられています。

現在歌われている歌詞は、昭和8年に野口雨情氏によって改作されたもので、元唄は、男女の逢瀬……、呼び合いを歌った土俗風のものでした。

「よへほ」の語源については、「酔へ+ほ」からきたのではないかという説があり、「ほ」というのは肥後弁特有の、他人に何かを促すときや、相手の気を惹いたりする意味があるため、お酒を勧めていることになります。

このことから、この唄はもともと酒席、いわゆるお座敷唄として歌われていたようです。つまりこの踊りを見て「あなたもお酔いよ、ホラッ」といったニュアンスであると言われています。

山鹿灯籠まつり 2016 日程表

日程表

18:30 19:00 20:00 20:30 21:00 21:30 22:00 22:30 23:00
大宮神社参道 18:30〜18:50 奉納灯籠踊り 保存会(神社境内)
おまつり広場 18:30〜23:00 流し灯籠踊り、灯籠踊り保存会、文化協会など
菊池川河畔 20:00〜21:00 納涼花火大会

日程表

18:30 19:00 20:00 21:00 22:00 23:00 24:00
おまつり広場 18:20〜20:25、21:00〜23:20 流し灯籠踊り、灯籠踊り保存会、文化協会など
菊池川河畔 20:05〜20:30 景行天皇奉迎儀式
千人灯籠踊り 山鹿小グラウンド 18:45〜20:15(第一部) ふれ太鼓、少女灯籠踊り、千人灯籠踊り、子ども上がり灯籠、灯籠踊り(保存会)、太鼓演奏(山鹿太鼓) 21:00〜22:00(第二部) ふれ太鼓(山鹿太鼓)、たいまつ行列、千人灯籠踊り、灯籠踊り(保存会)

千人灯籠踊り特別観覧席チケット案内

千人灯籠踊り特別観覧席チケット案内
一般発売平成28年7月5日(火)午前10:00〜
桟敷席(イス席)1枚 3,000円
マス席(3名様分)10,000円
※8月16日(火)
第1部18:45〜20:15
第2部21:00〜22:00
(第1部、第2部とも山鹿小学校グラウンド)

予約方法

チケットぴあ Pコード:632-641

店頭での購入

  • 全国のチケットぴあ
  • セブン-イレブン(24時間)
  • サークルK・サンクス(7:00〜23:30)

インターネット

電話

チケットぴあ予約専用電話:0570-02-9999(要Pコード)

注意事項

※千人灯籠踊り中止の場合以外の払い戻しはしません。

お問合せ

山鹿灯籠まつり実行委員会(山鹿市商工観光課)電話:0968-43-1579

おすすめのモデルコース

豊前街道でとっておきの一期一会旅

夜に行われる「山鹿灯籠まつり」が化粧をした山鹿なら、昼の山鹿には『素顔』がのぞく。
「こんにちは」の挨拶が飛び交う何気ない情景の中にこそ、思わず心惹かれる場面があるもの。
江戸時代から山鹿のメインストリートとして栄えてきた豊前街道には、現在も昔と変わらぬ佇まいのお店や、歴史ある建造物が多く残ります。
そんな懐かしくホッとする、人情が残る通りをぜひ訪ねてみて♪