7月豪雨災害に伴う八方ヶ岳登山道の状況について(7月12日現在)

令和2年7月豪雨では熊本気象台の発表によると、7日午前3時半からの1時間に山鹿市付近で110ミリと記録的な雨量が報告されました。
その豪雨及びその後の連続して降った雨により、市内各地では甚大な被害が報告されています。
山鹿市と菊池市にまたがる八方ヶ岳についても、豪雨の影響により登山道とそれに通じる林道が崩壊し、たいへん危険な状況です。
しばらくの間は菊鹿町側(矢谷渓谷キャンプ場)からの登山はできません。
皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

登山道の状況(PDF)八方ヶ岳登山道(R27月豪雨)