「東京キャラバンin秋田」に山鹿灯籠踊り保存会が出演します!

「多種多様なアーティストの“文化混流”から生まれる新たな表現」をコンセプトに、「東京キャラバン」の総監修を務める野田秀樹氏と、東京・秋田・熊本のスゴイ文化を表現するアーティストらが秋田に集結。
熊本県からは山鹿灯籠踊り保存会が出演いたします。
「東京キャラバンin秋田」でしか観ることができない貴重なパフォーマンスの様子を、ぜひインターネットのライブ中継にてご鑑賞ください!

日時:平成31年2月17日(日)16時30分ごろ
URL:http://live.tokyocaravan.jp/

 

※東京キャラバンとは・・・
「東京2020オリンピック・パラリンピック」の文化プログラムを先導する東京都のリーディングプロジェクトとして、2015年に始まりました。

劇作家・演出家・役者である野田秀樹氏の発案により、多種多様なアーティストが出会い、国境/言語/文化/表現ジャンルを越えて、“文化混流”することで、新しい表現が生まれるというコンセプトを掲げ、それぞれのジャンルを超えたパフォーマンスを各地で展開しています。
2015年東京・駒沢に始まり、2016年リオデジャネイロ・東北・六本木、2017年は京都・八王子・熊本(山鹿)にて実施され、松たか子や津村禮次郎(能楽師)など芸術文化界で活躍する様々な著名人が参加し、4万人以上の観覧者を魅了しました。