豊前街道でとっておきの一期一会旅

夜に行われる「山鹿灯籠まつり」が化粧をした山鹿なら、昼の山鹿には『素顔』がのぞく。
「こんにちは」の挨拶が飛び交う何気ない情景の中にこそ、思わず心惹かれる場面があるもの。
江戸時代から山鹿のメインストリートとして栄えてきた豊前街道には、現在も昔と変わらぬ佇まいのお店や、歴史ある建造物が多く残ります。
そんな懐かしくホッとする、人情が残る通りをぜひ訪ねてみて♪

山鹿灯籠祭り 見どころ

この日ならではのイベントを楽しみたい♪

8月15日の見どころ

揺らめく灯りに酔いしれる幻想の世界へ

毎年8月15日、16日に開催される山鹿の町全体を幻想的な灯りで彩る「山鹿灯籠まつり」。

江戸〜昭和初期の風情を色濃く残すレトロな街並みを背景に、頭に金灯籠を載せた浴衣姿の女性たちが、ゆったりとした情緒漂う「よへほ節」の調べにのせて、優雅に舞い踊る夏の風物詩です。

15日は長年市民に愛され続けてきた「納涼花火大会」が、16日には薄暗闇に千の灯りが浮かび、櫓を中心として渦のように流れ、揺らめく「千人灯籠踊り」が行われます。

町のいたるところが祭りの舞台になる山鹿灯籠まつり。その中でも、とっておきの過ごし方をピックアップでご紹介します。

Pickup 01 祭りの幕開けを告げる「奉納燈籠踊り」

時間
18:30〜18:50
場所
大宮神社参道イベント広場

“よへほ”の調べが、どこからともなく聞こえてきたら、それは「山鹿灯籠まつり」の合図。

山鹿の夏の風物詩のこの祭りは、15日の夕刻に大宮神社境内で行われる奉納灯籠踊りで幕を明けます。日常の合間を縫って日々厳しい稽古に励む「山鹿灯籠踊り保存会」のメンバーが、この日はよへほ節の歌詞があしらわれたピンクの浴衣を身に纏い、一糸乱れぬ優雅で穏やかな舞を披露します。

神社の杜と社殿を背にした彼女たちの美しい所作を見るべく、境内にはたくさんの人で溢れ、撮影のベストスポットとしても知られています。

Pickup 02 伝統と想いを継承「流し灯籠踊り」

時間
18:30〜23:00
場所
おまつり広場

美しい夕焼けに覆われていた西の空が、ようやく薄っすらと闇に包まれはじめた頃、「おまつり広場」にて流し灯籠踊りが披露されます。鹿本農高郷土芸能、保存会、文化協会、山鹿市民など、団体ごとに艶やかな浴衣で揃えられており、その美しい踊り手の姿に目を奪われます。

沿道には山鹿温泉の総湯であり町のシンボルでもある「さくら湯」があり、重厚感溢れるその建物と灯籠踊りのコラボレーションは、何とも言えない風情を醸し出しています。

また、踊り手をもっとも近くで見て写真が撮れるのも、ここの隠れた見どころの一つとなっています。

Pickup 02 山鹿の夜空を鮮やかに彩る「納涼花火大会」

時間
20:00〜21:00
場所
菊池川河畔

熊本を代表する夏の風物詩「山鹿灯籠まつり」の初日に開催される花火大会。山鹿市の夏の祭りとしては最大で、約4,000発もの迫力のある打ち上げ花火・仕掛け花火が菊池川の夜空を鮮やかに染めていきます。

闇に揺れる灯籠の灯りとともに、ブラックキャンバスに彩られた華麗な花びらたちも同時にお楽しみください。