豊前街道でとっておきの一期一会旅

夜に行われる「山鹿灯籠まつり」が化粧をした山鹿なら、昼の山鹿には『素顔』がのぞく。
「こんにちは」の挨拶が飛び交う何気ない情景の中にこそ、思わず心惹かれる場面があるもの。
江戸時代から山鹿のメインストリートとして栄えてきた豊前街道には、現在も昔と変わらぬ佇まいのお店や、歴史ある建造物が多く残ります。
そんな懐かしくホッとする、人情が残る通りをぜひ訪ねてみて♪

Buzenkaido Trip

  1. 八千代座
  2. グルメ倶楽部
  3. 山鹿灯籠民芸館
  4. タオ珈琲
  5. さくら湯
  6. 山鹿灯籠まつり

History

人に育てられ、歴史を伝え、町を守る…今なお愛される“つながり”の場所

八千代座

明治期の庶民娯楽の繁栄を今に伝える国指定重要文化財「八千代座」。舞台に立つと、凛とした静けさの中に当時の賑わいが目に浮かぶよう。

人力で動かしていた「廻り舞台」、「すっぽん」もぜひ見てみて。

Lunch Time

心休まる優しい時間が流れる“町の洋食店”

グルメ倶楽部

八千代座を眺めながらランチを楽しむことができる、創業28年の洋食店。絶品のオムライス(850円)が女性に大人気です。

Experience

神秘的で幻想的な時間旅行を愉しむ

山鹿灯籠民芸館

灯籠師の華麗な技を、「見て」「触れて」楽しむことができる民芸館。驚くほど繊細で軽い灯籠を頭に載せたらもう気分は灯籠娘。

記念にミニ灯籠作り体験もぜひ。

Cafe Time

心の“スイッチ”オフしたいときに

自家焙煎 タオ珈琲

生の豆から自家焙煎するこだわりの一杯を堪能できるカフェ。

看板メニューの青森アップルパイ(380円)はテイクアウトも可能なので、豊前街道を歩きながら頂くのも♪

Onsen Time

散歩の途中で立ち寄りたい♪

さくら湯

まるで「化粧水」と謳われるとろっとろの泉質がまろやかな時間を紡ぎだす、豊前街道の中心に位置する温泉。

源泉の歴史は約370年、天井がの龍の画も再現された「龍の湯」も必見。

山鹿灯籠祭り 見どころ

この日ならではのイベントを楽しみたい♪