大宮神社「燈籠殿」

山鹿灯籠まつり発祥といわれる景行天皇奉迎伝説の舞台。奉納された和紙の伝統工芸・山鹿灯籠は、その後一年間燈籠殿に展示されます。

山鹿灯籠まつり(やまがとうろうまつり)の発祥といわれている景行天皇奉迎伝説の舞台となったのが、濃霧の立ちこめた菊池川(きくちがわ)であり、そしてここ大宮神社です。景行天皇はここに行在所を設け、里人たちはその日から毎年、たいまつを献上し続けたといいます。

燈籠殿では、毎年8月15日から17日未明にかけて行われる山鹿灯籠まつり(やまがとうろうまつり)で行われる、六百年続く伝統神事「上がり灯籠」で奉納された山鹿灯籠を全て保存展示しています。毎年、まつりのたびに全ての展示灯籠が新しく入れ替わり、展示灯籠の払い下げ申し込みもできるほか、御神宝「三十六歌仙絵馬額」(実物大写真パネル)もご覧いただけます。

施設情報

所在地 〒861-0501 山鹿市山鹿196
TEL 0968-44-1257
料金 拝観料
一般(高校生以上)200円
(20人以上180円)
小・中学生100円
(20人以上80円)
駐車場 100台
営業時間 8:00〜16:30
定休日 8月16日(午後のみ)
URL http://www.geocities.jp/oomiya_j/index.html

所在地Map