九州最大、江戸期の建築様式を色濃く残す大浴場

さくら湯

今から約370年前の細川藩主のお茶屋として記録が残る威風堂々の木造温泉「さくら湯」。明治初期の大改装以降、市民温泉として愛されてきた山鹿の元湯が、昔の面影そのままに、ここに再生されました。唐破風のある南北の玄関や十字にクロスした独特の屋根の形、貴賓客が使用した「龍の湯」など、江戸期の建築様式を可能な限り再現しています。他の温泉では味わえない圧倒的なスケールと趣を、ご堪能ください。

入浴案内

女湯

木造の梁や柱がむき出しになった、迫力のある吹き抜け空間が広がる大浴場。まろやかな肌ざわりで地元の方にも定評のあるお湯は、もちろん源泉かけ流し。浴槽の背もたれにもたれてお湯を楽しんでください。

男湯
飲浴室
  • 営業時間:6時〜24時
  • 休館日:毎月第3水曜日(祝日の場合は翌平日)
入場料
大人(中学生以上。以下同じ) 300円
子ども(3歳以上小学生以下。以下同じ) 150円
障害者(大人) 150円
障害者(子ども) 80円
大人の回数券(12枚つづり)(1枚あたり250円) 3,000円
大人の回数券(30枚つづり)(1枚あたり200円) 6,000円
子どもの回数券(12枚つづり)(1枚あたり125円) 1,500円
子どもの回数券(30枚つづり)(1枚あたり100円) 3,000円

龍の湯

貴賓客にふさわしいしつらえ。

  • 見学時間:9時〜17時
  • 休館日:毎月第3水曜日(祝日の場合は翌平日)

殿様のための御前湯として作られたという「龍の湯」は、市松模様が粋な大理石の床と龍の天井画が特徴。展示用の部屋ですが、凝ったしつらいは一見の価値があります。

休憩室

お湯を楽しんだあとは、ゆっくりと。

  • 利用時間:9時〜17時
  • 休館日:毎月第3水曜日(祝日の場合は翌平日)

さくら湯に入湯された方は、飲食可能な休憩室をご利用いただけます。畳やちゃぶ台など心安らぐ和のしつらえの空間で一息つかれてはいかがでしょうか。

資料室

さくら湯の歴史を紐解く。

  • 見学時間:9時〜17時
  • 休館日:毎月第3水曜日(祝日の場合は翌平日)

今から800年以上前にさかのぼる山鹿温泉の歴史を、絵図や写真などとともに展示。さくら湯の歴史的変遷も知ることができます。

観光案内所

山鹿をもっと楽しんでいただけるおもてなしを

  • 利用時間:9時〜17時
  • 休館日:毎月第3水曜日(祝日の場合は翌平日)

さくら湯内に、山鹿の観光情報をぎゅっと集めた観光案内所があります。パンフレットや情報誌の他に、レンタサイクル、まち歩き浴衣レンタル(季節限定)等も行っております。観光前にお気軽にお立ち寄りください。

観光レンタサイクル

  • レンタル時間:9時〜17時
  • レンタル料金(4時間まで):電動自転車540円、普通自転車 320円

山鹿市内の観光には、レンタサイクルがおすすめです!サイクリングしながら山鹿の自然や歴史、文化を肌で感じてみませんか?

山鹿湯町めぐりセット(浴衣レンタル)(2016年9月末まで)

  • セット内容:浴衣レンタル(浴衣・帯・腰ひも・下駄、着付込み)+八千代座・灯籠民芸館入館券+さくら湯入湯券
  • レンタルセット料金:女性4,000円(税込)、男性5,000円(税込)

山鹿市内を浴衣を着て散策してみませんか?八千代座と山鹿灯籠民芸館を見学した後は、さくら湯で脱いで温泉につかってのんびりできるお得なセットになります。浴衣レンタルをご希望の方は、案内所スタッフにお申し付けください。

※イベントによって八千代座見学できないことがございます。その場合は浴衣レンタル料とさくら湯入湯券の500円引きセット料金になります。

車イスレンタル

  • レンタル時間:9時〜17時
  • レンタル料金:無料
  • レンタル台数:1台

高齢者や足が不自由な方など、どなたでも安心して山鹿観光をお楽しみいただけるように、無料で車いすレンタルを行っております。ご希望の方は案内所スタッフにお申し付けください。

※台数に限りがありますので、ご希望に添えない場合があります。

さくら湯の歴史

370年の歴史を感じる美人の湯処の復活物語

江戸期

熊本城主の肥後細川藩初代藩主、細川忠利公が山鹿の温泉をたいへん気に入り、寛永17年(1640年)にさくら湯の起源となる御茶屋を新築しました。完成の際には、剣豪宮本武蔵を招待したことが、細川藩奉書に記録されています。また、宝暦13年(1763年)に描かれた山鹿町絵図では、その頃の様子がうかがえます。

外湯(庶民用の温泉)が狭く老朽化していることに心を痛めた「江上津直」「井上甚十郎」両氏が一千貫(今の2億円相当)を拠出し、約2年間にわたる大改修が行われました。当時の藩知事・細川護久公の支援や、市民の協力を受け、明治5年に竣工。さくら湯は市民温泉として生まれ変わりました。

道後温泉の棟梁・坂本又八郎氏を招いて行った明治31年の大改修では、2階建ての休憩施設・松風館を新築しました。龍の湯・御次の湯の棟はそのままに「松の湯」を作り、龍の湯(来賓湯)、松の湯(一等)、紅葉湯(二等)、さくら湯(三等)とされました。浴室も北側に拡張され、この際に、どっしりとした「唐破風玄関」が造られました。

さくら湯浴室を南側にも拡張し、唐破風の玄関と更衣室を増築しました。この改修により、南北に唐破風玄関を備え「十字クロス構造」という、さくら湯最大の特徴的構造が完成しました。

さくら湯の浴槽と洗い場の床面が上げられ、浴室と更衣室の間にガラス窓とガラス引き戸がつき、浴槽の形の変更と浴槽内の柱が撤去されました。松の湯と紅葉湯も改造され、松の湯が男湯、紅葉湯が女湯とされ、明治以来の雰囲気が一変しました。

昭和46年8月に起きた市内中心部の大火により再開発議論が活発化しました。昭和48年、大規模再開発事業によりさくら湯の解体が始まりました。昭和50年に再開発ビル(温泉プラザ山鹿)が完成し、さくら湯はビル内に造られ、平成21年11月まで営業を続けました。

3年の時を経て、さくら湯が再び11月23日に開湯しました。この日を心待ちにしていた市民が集まり、万歳で開湯を祝いました。九州最大、江戸期の建築様式を色濃く残す大浴場として、昔の趣をそのままに再現されたさくら湯。山鹿温泉の元湯として、再び新たな歴史の幕を開けました。