熊入温泉

およそ700年前、菊池武時公の家臣、八幡弥四郎が発見したといわれる温泉。

温泉の歴史

山鹿市街地よりやや北方、素朴な温泉情緒が人気を呼び、県北をはじめ福岡県からの湯治客が多く訪れている「熊入温泉」。今から約700年前の延元年間の頃、菊池武時(きくちたけとき)公の家臣、八幡弥四郎が発見したといわれています。天正年間(1573〜1591)には、無料で入れる「平湯」として定着し、明治20年頃まで近在の人や旅人の憩いの場として親しまれていました。 毎年、春の桜の頃には、近くの倉塚公園で桜まつりが開催されています。

温度・泉質・色

38度から45度
アルカリ性単純温泉、無色透明、無味無臭

効能

神経痛、リウマチ、皮膚病、疲労回復

お問い合わせ

熊入温泉センター 山鹿市熊入町72 TEL: 0968-44-5810