平成29年度外国人観光客等おもてなし向上プロジェクトセミナー受講者募集について

    • ~外国人観光客の「接客」をきっかけに、熊本の「おもてなし」レベル向上を目指して~

熊本県では、九州新幹線の全線開業や、熊本~高雄間、熊本~香港間の定期航空路線開設とともに、八代港への大型クルーズ船寄港も併せ、本県の海外からのアクセスは飛躍的に向上し、アジアを中心に観光客が増加してきました。更には、2019年の女子ハンドボール世界選手権大会、ラグビーワールドカップ 2019の県内開催、2020年の東京オリンピック・パラリンピックも控え、外国人観光客は自然増以上に更に増えていくことが期待されます。一方で、今回の熊本地震では、熊本市内から阿蘇方面へのアクセスが寸断され、人の流れが滞っているだけではなく、熊本城・阿蘇神社をはじめとする主要な観光資源が甚大な被害を受け、外国人観光客は未だ戻ってない状況です。そこで、県では、地震により減少した外国人を含む観光客の入込客数回復のため、各種キャンペーン等により風評被害を防止することに努めていますが、これと併行して、本事業では、2019年度までに入込客が期待される外国人観光客対応を、雇用の創出、地域経済の発展につなげ経済効果を生んでいくために、産官学金の連携により受入環境整備を進めます。

つきましては、下記のとおり、外国人観光客に接する機会の多い事業所を対象に、インバウンド(訪日外国人)受入れの体制を整えるための【語学とおもてなし】研修 を実施し受講生を募集します。

 

本年度山鹿市で開催されますので、多くの皆様の参加をお待ちしております
詳しくは熊本県のホームページをご覧ください

http://www.pref.kumamoto.jp/kankou/kiji_21141.html?type=top