山鹿あそび体験vol.2

灯籠フォトポイント

山鹿灯籠の建物と一緒に特撮っぽい写真を撮ってみたり。「金灯籠」の擬宝珠(ぎぼうしゅ)の部分などを使ったモビールが吊り下げられた空間で写真を撮ってみたり。
山鹿灯籠でユニークな写真撮影を楽しむのが山鹿流! 灯籠モダンガール&モダンボーイと共に楽しむのもオススメです。

概要
開催日
3/10(sat)~毎日開催(年末年始を除く)
9:00〜18:00
料金
山鹿灯籠民芸館見学料:一般210円、小・中学生100円
問合
山鹿灯籠民芸館
[TEL] 0968-43-1152
TEL 0968-43-1152

プログラム紹介

灯籠民芸館&鞠智城(画像はイメージです)

山鹿灯籠と共に写真を撮ることで、特撮っぽい写真を撮ることができます。

モビール(画像はイメージです)

和紙のやわらかな色味と、光による陰影が生み出した空間をお楽しみください。

体験の流れ

山鹿灯籠民芸館へ入館する

あらゆる種類の山鹿灯籠が展示されている「山鹿灯籠民芸館」へ入館しましょう。(入館料が必要です)

受付

入館手続きを行います。民芸館の資料もいただけます。

1階展示コーナー

熊本城や八千代座をはじめとした山鹿灯籠の作品が展示されています。天井に並ぶ金灯籠は圧巻です。

階段で2階へ

灯籠フォトポイントは2階に上がって左手の大部屋にあります。

モビール

山鹿灯籠に使っているパーツを使用したモビールが展示してあります。
和紙のやわらかな色味と、光による陰影が生み出した空間をお楽しみください。

鞠智城

国指定の史跡とされている「鞠智城」。その象徴とされる「八角形鼓楼」と一緒に特撮っぽい写真が撮れます。

山鹿灯籠民芸館

銀行跡を利活用している山鹿灯籠民芸館。当時は、豊前街道沿いに建つ洋風建築の先駆けであり、当時の山鹿の経済力を示す象徴とされました。
こちらも一緒に写真が撮れます。

別館にて灯籠師の制作実演を見学

山鹿灯籠を制作している「灯籠師」。その見事な手仕事を見学できます。